痛風発作

腫れて痛みがある場所:刺絡

 

腫れて痛みがでた場所(関節等)に尿酸結晶が溜まり、

炎症を起こしたのが原因です。

ですので、その場所の血行を促し、炎症を抑える治療です。

足の親指あたりに出るの事で良く知られていますが、

他の場所にも出ること珍しくありません。

痛風を患ってる方で腫れて痛みが出た場合には

痛風発作を疑って、医師の診察を受けた方がいいでしょう。

鍼灸治療はその後でも特に問題はありません。

刺鍼、灸でも出来るのですが、刺絡が一番効果が高いです。

ある方の言葉を借りると、

”100本の針を刺されてるのが、1~2本になった” という感じで良く効きます。

痛みがなくなったからと言って痛風自体は良くはなってないので、

医師の指導の下生活に留意してください。

水分補給はこまめに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA